戦国ランス 巻之五 (電撃コミックス)

メナド・シセイとは

ボクっ娘ボーイッシュで自分が女らしくないのを気にしているという王道ボーイッシュ。 ぶっちゃけ女らしさ見つけてやればちょろインである。 鬼畜王では糞野郎ザラックがそこに目を付け、金も身体も捧げてしまい挙句の果てに軍資金横領に手を出してしまう、当然ながらスーパー内政家マリスに発覚してランスがメナドの目の前でザラックに制裁を下すも、その際ザラックに全ての罪を擦り付けられそうとしていたのにザラックを「そんな人じゃない!」などと取り乱していたが、かなみの一喝の後、立ち直りランスに「お前を利用する必要の無い強い男に惚れろ」と言われ吹っ切れる。



ダウンロード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事