夢瑠(ゆめる)とは

『ヴァルキリープロファイル』シリーズの登場人物。
倭国近辺に生息する人魚と人間のハーフ。明るく元気な台詞が特徴。
父親は倭国の将軍であり、夢瑠が生まれたことで将軍が和平に努めるようになり戦争は終わったが、人魚の間では人間や人間に関わる者を迫害する意識が根強く残り、母親の人魚は迫害の中で死んでしまう。拠り所を失って父親を探しに地上に出てくるが、父親も既に死んでいたと知る。
混血であるため人間の姿と人魚の姿を自由に使い分けることができ、戦闘中では魔法を使うときのみ人魚の姿になる。



霊柩なき者のサイトへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事